E-invoicing Malaysia

マレーシアでは、生産性を高め、規制に対応するための最新のソリューションを求める企業が増えており、電子インボイスの普及が進んでいます。
マレーシア政府は、Peppol などの世界標準に合わせ、電子インボイスの導入を促進するイニシアチブをとっています。
お問い合わせ →

請求書発行プロセスの変革

電子インボイス(e-invoicing)とは、サプライヤーとバイヤーの間で請求書類をデジタルでやり取りすることを指します。従来の紙ベースの請求書とは異なり、電子インボイスは安全な電子フォーマットを活用することで、より迅速、正確、自動化された請求書処理を実現します。マレーシアのダイナミックなビジネス環境において、電子インボイスがどのように貴社の業務を最適化し、成長を促進するかについて、今すぐお問い合わせください。
  • 迅速で正確な電子化 - 効率の向上
  • 時間の節約とミスの削減 - 管理の軽減
  • 請求書配送の可視化 - プロセスの合理化
  • コスト削減と環境保全 - ペーパーレスビジネス

電子インボイスの準備

マレーシアの電子インボイスとERP

CTCモデルで電子インボイス発行の準備を。方法、ワークフロー、ガイドライン、必須項目など、効率的な電子インボイス発行プロセスのための装備を整えましょう。

Read more

"Get Paid Faster" とは?

迅速な処理と検証のために、標準的なデジタル形式で請求書を送信します。請求書を受け取った顧客は電子決済で支払うことができます。

迅速な請求

電子インボイスの迅速な作成、郵送や宅配便の遅延によるサプライヤ側の待ち時間が減ります。

クリーンデータ

構造化されたデータフォーマットにより、手作業による介入を最小限に抑え、ヒューマンエラーを削減。

自動処理

暗号化により保護されたAIオンネットワークデータを使用した、ストレートスルー処理と異常および不正の自動発見します。

融資とファクタリング

電子インボイスにより、請求書への融資オプションが可能になるため、取引先は簡単にキャッシングを利用できるようになります。

なぜAxxis Consultingなのか

Axxis Consultingはマレーシアにおける電子インボイス発行ソリューションの信頼できるパートナーです。SAPとデジタルトランスフォーメーションの専門知識により、お客様の既存システムとシームレスに統合するオーダーメイドの電子インボイスソリューションを提供します。

電子インボイスサービス

  • お客様のビジネス要件を評価し、カスタマイズされた電子インボイスソリューションを導入します。
  • 電子インボイスをSAP ERPシステムにシームレスに統合できます。
  • 現地の規制および国際基準を確実に遵守します。
  • 電子インボイスのメリットを最大限に引き出すためのトレーニングと継続的なサポートを提供します。

Frequently asked questions

  • マレーシアの電子請求におけるPeppolの役割とは?

    Peppol(Pan European Public Procurement On-Line)は、企業と政府機関の間で安全かつ標準化された電子文書交換を促進する国際的な電子請求書発行ネットワークです。

  • なぜSAP ERPで電子インボイスを導入する必要があるのか?

    SAP ERP で電子インボイスを採用することで、請求書発行プロセスの効率を大幅に高めることができます。ミスの削減、支払いサイクルの迅速化、紙の請求書に関連するコストの削減、全体的な財務の可視性の向上が実現します。

  • SAP ERPはマレーシアでどのように電子インボイス発行を促進していますか?

    SAP ERP は、マレーシアの規制に準拠した電子インボイスを管理するための包括的な機能を提供します。SAP ERP は、現地の税法に準拠した電子インボイスの作成、送信、管理を可能にします。

  • 電子インボイスとSAP ERPを統合するメリットは何ですか?

    電子インボイスを SAP ERP と統合することで、自動化が強化され、手作業によるデータ入力が減り、正確性が向上し、請求書処理が迅速化され、請求書のリアルタイム追跡が可能になり、税務規制へのコンプライアンスが強化される。

  • SAP ERPの電子インボイスはマレーシアの税務要件に準拠していますか?

    はい。SAP ERPは、GST(物品サービス税)やIRBMが指定するその他の請求書発行要件を含むマレーシアの税制に準拠した電子請求ソリューションを提供しています。

  • マレーシアでSAP ERPを使用して電子インボイスを作成するにはどうすればよいですか?

    マレーシアで SAP ERP による電子インボイス発行を開始するには、まずビジネス要件を評価し、SAP 導入パートナーに依頼し、電子インボイス発行に対応するように SAP システムを設定し、財務チームにトレーニングを実施する必要があります。

  • 接続にはどれくらいの時間がかかりますか?

    接続のプロセスは、関係するシステムやプロセスの複雑さによって異なります。SAP ERPはPeppol Readyソリューションであり、電子インボイスを送信するデフォルト機能を備えています。

  • SAP ERPで電子インボイスを導入することによるコストへの影響は?

    SAP ERP による電子インボイスの導入に関連するコストは、システムのカスタマイズ、統合、トレーニング、継続的なサポートなど、お客様固有の要件によって異なる場合があります。これらの詳細については、SAP のコンサルタントに相談されることをお勧めします。

  • 国境を越えて請求書を送受信できますか?海外顧客とのビジネスにどのような影響がありますか?

    Peppolのネットワーク上であれば、他国の企業にも電子インボイスを送受信できます。

  • SAP ERP e-invoicingでデータのセキュリティと整合性を確保するにはどうすればよいですか?

    SAP ERP は、暗号化、ユーザーアクセス制御、監査証跡、データ保護規制への準拠など、電子請求データを保護するための強固なセキュリティ対策を提供しています。定期的なアップデートとパッチにより、システムのセキュリティはさらに強化されます。

その他の情報

マレーシアのE-Invoicing(電子インボイス) とERPについて

電子インボイス(E-invoicing)は、従来の請求書をデジタル化したもので、マレーシアにおける商取引を変える可能性があります。電子インボ...

Read More arrow_link

電子インボイスに関するご質問

お気軽にお問合せください

電子メール (日本語/英語)

お問合せに対して、担当者から連絡致します。

メールを送る arrow_link

ライブチャット (日本語/英語)

リアルタイムにオペレーターが対応致します。

WhatsApp or LiveChat arrow_link

電話 (日本語)

直接オペレーターが対応致します。

電話する arrow_link
× How can we help you? Available on SundayMondayTuesdayWednesdayThursdayFridaySaturday